義経宿陣之跡|腰越状で有名な満福寺(石碑を読む)

義経宿陣之跡|腰越状で有名な満福寺(石碑を読む)

2020-07-11

今回は腰越の満福寺にある「義経宿陣之趾」石碑を読んでみました。
石碑の多くは鎌倉中心部にあるのですけど、腰越っていう鎌倉から結構離れた場所にある石碑は珍しいですね。

あちこち散らばられると、石碑探すのも難しいです・・・。

義経宿陣之趾

義経宿陣之跡

「義経宿陣之趾」石碑の場所

石碑に書かれている文字は?

文治元年(皇紀一八四五)五月
源義経朝敵ヲ平ラゲ降将前内府平宗盛ヲ捕虜トシテ相具シ凱旋セシニ頼朝ノ不審ヲ蒙リ鎌倉ニ入ルコトヲ許サレズ腰越ノ驛ニ滞在シ欝憤因幡前司大江廣元ニ付シテ一通ノ款状ヲ呈セシコト
東鏡ニ見テ世ニ言フ腰越状ハ即チコレニシテ其ノ下書ト傳ヘラルルモノ満福寺ニ存ス

昭和十六年三月建 鎌倉市青年團

1185年(文治元年)5月
源義経は朝敵だった平家を討ち、降伏した内大臣の平宗盛を捕虜として一緒に引き連れ鎌倉に凱旋したが、源頼朝の不審を買い、鎌倉に入ることを許されなかったため、腰越に滞在し、心に積もった気持ちを大江広元に一通の嘆願状として差し出した。
そのことが吾妻鏡に書いてあり、俗にいう腰越状はこのことである。
その下書きと伝えられる物が満福寺に存在する。

昭和16年3月建 鎌倉市青年団

※間違っていたらごめんなさい。

事前知識(漢字・用語編)

相具:あいぐす|一緒に引き連れる
欝憤:うっぷん|心の中に積もり重なった怒りや恨み
:現在の「余」
款状:カンジョウ|嘆願書

事前知識(歴史編)

源義経

1159-1189年。源頼朝の異母弟。義朝の9男。大河ドラマでタッキーが演じた。
奥州藤原氏の党首「藤原泰衡」に攻められて、平泉の衣川館で自刃。

妾の静御前が、鶴岡八幡宮社前で白拍子の舞を踊ったことは超有名。

平宗盛

1147-1185年。平清盛の三男。鎌倉に送られるが、最終的に義経によって刑死。

大江広元

1148-1225年。朝臣。鎌倉幕府の初代政所別当。

大江廣元屋敷|守護・地頭設置の建議など、鎌倉幕府誕生の功労者(石碑を読む)
今回は鎌倉殿の13人の一人「大江広元」に関する石碑を読んでみました。結構、辺鄙なところに家が有ったんですね、それとも、金沢街道の六浦側の防御の為? 戦国武将で有…
1192-diary.com

龍護山 満福寺

真言宗大覚寺派。開山は行基。めちゃくちゃ古いですね・・・。

満福寺の入口を江ノ電が横切るお寺として、御霊神社(坂ノ下)と同じくらい?有名です。

鎌倉市内の石碑を読む

鎌倉市内の旧跡案内石碑一覧はこちら

鎌倉市内の旧跡案内石碑一覧|より深い鎌倉の歴史を学ぶ
鎌倉市に約80基ほど設置されているという旧跡案内石碑。 インターネット上にはすでに、この石碑を解説したページも沢山ありますが、自分で見つけて読むことが理解を深め…
1192-diary.com

鎌倉の歴史把握に役立った書籍

おススメ鎌倉グッズ・お土産

PAGE TOP