白山神社|源頼朝が創建した、毘沙門天を祀る今泉の鎮守社(鎌倉市今泉)

白山神社|源頼朝が創建した、毘沙門天を祀る今泉の鎮守社(鎌倉市今泉)

白山神社縁起

建久2(1991)年に、源頼朝が創建したとされる神社で、今泉の鎮守です。
ご祭神は「菊理姫之命(くくりひめのみこと)」

白山神社 本殿

その昔は神社とお寺が一緒だったようで、毘沙門堂がありました。

行基(奈良時代の僧)が造ったとされる「毘沙門天像」を、京都の鞍馬寺を詣でた際に源頼朝がもらい受けて鎌倉に持ち帰り、お堂を建てて祀ったとされます。

今は神社の本殿に「毘沙門天像」が安置してあり、祭礼の時など本殿が開くときに見ることができます。

ご祭神「菊理姫之命」とは?

日本国を作った、夫婦2柱「伊弉諾尊(いざなぎのみこと)」と「伊弉冉尊(いざなみのみこと)」のいさかい時に仲介役として、日本書記に出てくる神様です。

このことから、男女の仲を取り持つ神話の神様で、古くから「縁結びの神様」として知られている神様です。

加賀一ノ宮で、全国に3000社もある白山神社の総本宮「白山比咩神社」のご祭神でもあります。

霊峰白山

白山神社で見られる花

白山神社の長い参道の両端には、赤い紫陽花が沢山さいてとても奇麗な場所に変わります。

鎌倉花めぐり 6月 アジサイ(紫陽花)|名所と穴場スポット

鎌倉の公式テキストブックを参考に、鎌倉の神社仏閣へお花めぐりに行ってます。今回は…
1192-diary.com

白山神社の祭礼

正月8日 大注連祭

毘沙門天の使いと言われる「ハガチ(大百足)」の姿を現した大注連縄を、氏子が新しい藁を持ち寄って拝殿前で作って奉納するお祭り。大注連祭はおおしめまつりと読みます。

大注連祭白山神社

大注連祭|源頼朝ゆかりの白山神社で行われる祭礼(鎌倉市今泉)

大注連祭(おおしめまつり) 毘沙門天の使い「ハガチ(百足)」を模した大注連縄を奉…
1192-diary.com

白山神社その他

狂歌師「酔亀亭 天広丸」の歌碑

1756-1828 享年73

白山神社参道入口にある石灯篭前にある、酔亀亭天広丸の狂歌碑。
江戸時代の人物「すいきてい あめのひろまる」は、ココ今泉村の磯崎家の生まれだそうです。(住んでたのは江戸)

狂歌は、狂歌の三大歌、唐衣橘州(からごろもきっしゅう)に学んだ。

狂歌碑

「くむ酒は 是風流の 眼なり 月を見るにも 花を見るにも」 

広丸は号からも分かるように、大の酒好きだったようで。。お酒についての歌が多いです。
下戸の自分とは仲良くなれなさそうです(汗)

白山神社(今泉)の場所、アクセス

最寄りバス停「白山神社前」

JR大船駅から出ている「N5系統」鎌倉湖畔行きに乗って白山神社下車。そこから徒歩30秒ほど。
運行は江ノ電バス。日中は1時間に5本、通勤時間帯は1時間に5~10本ほど出ています。

白山神社は江ノ電バスで行くのが大正解です。

徒歩や自動車はNG

徒歩で行けないことはないのですが、JR大船駅から歩くと約5km。45分以上1時間近く掛かってしまいます。

また、自動車の場合、白山神社の前は走りやすい二車線道路なのですが、最寄りにコインパーキングがありません。結局は白山神社から遠く離れた場所に車を停めて長い距離を歩くことに。

二車線道路とはいえ、交通量は比較的多く、路肩がないので路上駐車はできません。

このような鎌倉市の中でも、瑞泉寺のように行きにくい場所にあるため、観光客などが殆どいなく静かなお詣りが可能です。

鎌倉散策に役立つ本

PAGE TOP