本能寺(京都)|本能寺の変の舞台となった日蓮宗寺院、あの文人画家の墓も

本能寺(京都)|本能寺の変の舞台となった日蓮宗寺院、あの文人画家の墓も

本能寺について

法華宗(日蓮宗)の大本山。洛中法華二十一ヵ寺本山の一つ。開山は日隆。
前身寺院から、火災での焼失などで移転を繰り返し、天正二十(1592)年に現在地へ。

本能寺

9月15日には放生会が行われ、三条大橋付近から川魚を鴨川に放流します。

本能寺の変

天正十(1582)年、明智光秀によって織田信長が討たれた本能寺の変は、移転前の蛸薬師西洞院あたりにありました。

当時も日蓮宗で広大な寺域。歴史的事件が置きた場所には石碑が建っています。

織田信長の廟所

本堂の裏手には織田信長の廟所があります。
信長が自刃した後に、三男の信孝の命によって建てられました。信長所持の太刀が納められているらしいです。

織田信長廟所の隣に3名の石塔・供養塔が並んでいます。
織田信長とは関係なく、日蓮宗信者か本寺を信仰していたかの関係でしょうか。

浦上玉堂父子の墓

本堂の裏手に文人画家の浦上玉堂・春琴父子の墓もあります。
岡山出身で50歳の時に親子で出奔。晩年は京都に定住したようです。

代表作は、国宝にもなっている「東雲篩雪図(とううんしせつず)」。鎌倉ゆかりの人物「川端康成」が所有していました。※鎌倉市が保有する国宝になっています。

鎌倉の国宝|他県、他市などと比較してみて鎌倉市の凄さを再確認

今回は国宝についてザックリと調べてみることにしました。 国宝って凄いものだと思う…
1192-diary.com

本能寺へのアクセス

地下鉄東西線「京都市役所前」駅すぐです。

京都散策に役立つ本

PAGE TOP