食堂いのうえ|江ノ島にある昔ながらの海鮮料理屋さんでサクフワのアジフライ定食を

食堂いのうえ|江ノ島にある昔ながらの海鮮料理屋さんでサクフワのアジフライ定食を

食堂いのうえ

今回は鎌倉市を越境して、藤沢市江ノ島で美味しいアジフライのお店知っているよ!という、お友達に情報を頂いて食べに行ってきました。

食堂いのうえの場所&営業時間

「食堂いのうえ」さんは江の島島内にある飲食店。
メインの道路沿いから一本入った、昔ながらの細い路地裏のような場所にお店があります。

位置的には江の島ヨットハーバーの真向かいって感じでしょうか。
この裏路地には、ほかにも知る人ぞ知るようなお店があるので開拓し甲斐がありそうです。

なんでも先代の店主からお店を引き継いだみたいで、昔からある雰囲気のお店ながら、「新生いのうえ」さんは、2020年6月1日オープンとのこと。(インスタグラム情報)

お店のインスタグラムはこちら

営業時間:11:00~20:00
定休日 :不定休

土日祝日はお店は開けると思いますが、お休みは不定休のようなので、事前に電話で聞いておくのが良いかもしれませんね。今回も電話で確認の上、席を予約して頂きました。

食堂いのうえの店内

食堂いのうえさんの店内は昔ながらの年季が入った店内ですが、逆に味のある昔の食堂って感じです。大船にある「かんのん食堂」さんと同じ感じですね。

4人掛けのテーブルが3席に、カウンターが数席。
食べログでは、20席あると書いてましたので、カウンター8席あるのかな?あったかな?

座席数はちょっと減らしているのかもしれません。
でも、4人席に2人が座ることが多いので、20人詰め詰めでお客が入ることはまずないかと・・・。

土日祝のランチ時は、待ち時間が発生すると思います。
今回も、土曜日のランチ時に訪問。4名テーブルの3つはすべて埋まってましたから。

店内には昔の江の島の写真、料理の写真など、店内キョロキョロしても楽しいです。
あと、TVがあって、番組がずーっと流れています。

お手洗いは、店内の奥に一か所ありました。
また、お店の近くに公衆トイレもありますしね。

食堂いのうえのメニュー

下記が店内のテーブルで見ることができるメニューです。
裏にはドリンクメニューがあったのでしょうか?

お店の外には、一部写真入りの定食が貼ってありました。

メニューに書いている金額は、税込み表示です。親切。

アジフライ定食は、味噌汁、小鉢が付いて1,100円(税込)と江ノ島価格でしょうか。
単品アジフライもあって、メニューに書いているのは2枚700円(税込)で、お店の方に言えば1枚でも何枚でも大丈夫とのことです。つまり単品アジフライ350円(税込み)ってことですね。

食堂いのうえの食事

お店は店主とおかみさん?の2名でやられていて、お昼の混雑時は大変そう。。。
食事メニューによっては、ちょっと提供まで時間が掛かるかもしれませんが、気長にまちましょうね。

アジフライ定食

メインのアジフライ定食 1,100円(税込)です。

タルタルソースが付いてきて、ソース&しょうゆはテーブルに備え付け。
小鉢も3品ついてきて結構お得感あります。

アジフライは2枚。熱々でサクフワ、骨も全く気にならず、美味しい部類のアジフライ定食ですね!

アジフライ定食 1,100円(税込)

海鮮チラシ(1日10食限定)

海鮮チラシは、なかなか提供まで時間がかかりました。
具材が多いから大変なんでしょうね。

自分は食べていませんが、玉子のせいかちょっと甘いところがあって美味しいと。
そして量が多いと。

海鮮チラシ 1,000円

お腹空かせて、食堂いのうえさんに向かいましょう!

食堂いのうえのお支払い方法

食事が終わってから、店内奥のレジにてお会計になります。
お店の感じから現金オンリーかな(失礼)と思ってましたが、Pay系(QRコード決済)が可能でした。

レジ横に、PayPay、LINEPay、auPAY、d払い、メルペイのシールが貼ってありました。

鎌倉(&近隣)でアジフライ定食を食べる

鎌倉アジフライ定食マップはコチラ

鎌倉アジフライ定食マップ(地図)|鎌倉市内(近隣)でアジフライが食べれるお店一覧(随時更新)
鎌倉アジフライ定食マップ(地図) 物凄いニッチなメニューの地図ですみません(笑) 実はアジフライが物凄く好きでして、鎌倉市内で実際に訪問した「アジフライ定食」を…
1192-diary.com

鎌倉グルメでおススメの本

PAGE TOP