鎌倉花めぐり 10月 シュウメイギク(秋明菊)

鎌倉花めぐり 10月 シュウメイギク(秋明菊)

2019-10-11

鎌倉検定の公式テキストブックを参考に、鎌倉の神社仏閣へお花めぐりに行ってます。
今回は10月に見られる「シュウメイギク(秋明菊)」を見に行ってきました。

シュウメイギク(10月上旬~下旬)

別名、キブネギク(貴船菊)。京都の貴船川流域に自生するのでこの別名が。
高く伸びた花茎の上に大柄な花をつける。

鎌倉検定本には、浄智寺の客殿背後の中庭と庫裏前、瑞泉寺の本堂前や背後の庭園と山門周辺、と書かれています。

浄智寺

中庭と庫裏前じゃないですけど、茶室(龍珍荘)の入口に咲いてました。

東慶寺

水月堂の入り口横に小さい群生がありました。

大巧寺

境内の道沿いに、ちょっとだけ咲いています。群生とまではいきませんが。。。
10月頃には白いシュウメイギクが本堂前に咲くようになりました。

長谷寺

長谷寺さんのシュウメイギク。
下の境内、特に池周りや入口付近に咲いています。

シュウメイギクがどうか自信がありませんが、画像をみてご確認ください・・・。

青蓮寺(鎖大師)

青蓮寺のシュウメイギクは境内に入る手前、駐車場スペースの端っこに咲いています。

ここには秋の花がいろいろ揃っていて、コスモス、シュウメイギク、シオン、フヨウ、などのコラボレーションが楽しめます。

2020.10.19

鎌倉の花めぐりで参考にしている書籍

おススメ鎌倉グッズ・お土産

PAGE TOP