天ぷらひろみ|鎌倉の小町通りで創業60年の老舗の天ぷら料理を頂く

天ぷらひろみ|鎌倉の小町通りで創業60年の老舗の天ぷら料理を頂く

2019-12-14

今回は鎌倉小町通りで天ぷらを頂いてきましたよ。
お店が頻繁に変わる鎌倉で創業60年と聞いててずーっとチェックしていました。

天ぷらひろみ(てんぷらひろみ)

お店に行くときは、場所と定休日のチェックは外せませんね!

天ぷらひろみの場所&営業時間

場所は小町通り。
JR鎌倉駅から入ってほど近いところにありますが、ビルの2Fなので看板にはチェックですね。

天ぷらこまち公式HPはコチラ

定休日:毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は木曜日)
営業時間:昼|11:30~14:00、夜|17:00~19:30

夜ご飯を鎌倉に食べに行くってことは、まずないので夜の内容は分かりませんが、HPを見る限り予約していったほうが良さそうですよ。

天ぷらこまちの店内

天ぷらこまちの入口は老舗っぽい雰囲気で、初訪問だとちょっと敷居が高い感じがしますね(汗)

当然、料理の値段は高そうですけど、入口にメニューを置いてあるので、ある程度の覚悟はできます(笑)

でも、一度入って慣れてしまうと老舗の雰囲気でなんか落ち着きます。
平日の12:00ちょっと前に入ったのですが、お客さんも半分くらいでスムーズ。

店内は2人席、4人席のテーブルが7,8ほど、カウンター席もありましたがココは特別っぽいな。
ガラガラって感じではなくて定期的にお客さん(ご年配の方が多い)が入ってこられます。

天ぷらひろみのメニュー

席に着くとメニューを頂けますが、結構種類があるので悩みます。。。

2019年12月時点のメニュー

まずは定食にするか丼にするか。そして天ぷらの内容ですね。

なんか特別丼に「小津丼」ってあるらしいのですが、映画監督の小津安二郎さんが良く来られてようで、そこから命名してるみたいですね。

小津安二郎|北鎌倉から東京深川まで、映画監督小津安二郎ゆかりの地巡り

鎌倉検定の出題分野で結構苦手な「鎌倉文化芸術」分野。鎌倉時代が好きなので、近現代…
www.1192-diary.com

今回はいろいろ迷った上で、白身魚が入った内容の丼ぶりを注文しました。

おてがる丼

ランチメニューのおてがる丼です。赤だしと漬物付き。1,980円(税込)でした。

おてがる定食 1,980円(税込)

赤だしはしじみが入って、しじみ汁っぽいんですけど、山椒の味?が混ざっていて不思議で美味しい味です。

天ぷらはタレが染み込んでて美味しいです。
サクサク感が欲しい場合は、丼じゃなくて定食の方がいいかもしれませんね。

海老はもうちょっと大きいのかなと思ってたら小ぶりだったので、残念だなーと思ってたら肉厚でぷりぷりしてて、残念と思ってごめんなさい!って感じの美味しさでしたよ。

で、やっぱり気になるのがカウンター席。
出来立ての天ぷらを一品一品食べていくのかな?サクサクで美味しそう。でも高そう・・・。

天ぷらひろみのお会計

お会計はクレジットカードも使えます。
レジ横には、VISA、Master、の表示があったけどJCBが無かったので、どうなんでしょうね?

あと、PayPayも大丈夫そうです。
最近はPayPayがメインの決済方法になりつつあるので助かりますね。

老舗のお店には続いてほしい

小町通りに行くと、新しいお店が出来ては潰れを繰り返しています。

多く人が集まるので場所的には良いんでしょうけど、タピオカ店とか食べ歩きを狙った鎌倉っぽくないお店の出店も多くて、個人的にはちょっと残念な感じ。(出店者も頑張ってるんでしょうけどね・・・)

そんな中、ここの「天ぷらひろみ」さんとか、同じビル1Fの「とんかつ小満ち」さんとか、老舗のお店はとっても貴重なお店だと思ってます。

驚くほど美味しいって訳でもないですが、不味いってことは絶対ないですから、若い人たちにも足を運んで老舗感を味わってもらいたいですね!

キラキラしたお店より、老舗のお店の方が、逆にインスタ映えするかも。

鎌倉グルメでおススメの本

おススメ鎌倉グッズ・お土産

PAGE TOP