わび茶|ランチタイムに美味しい金アジのアジフライ定食が食べられる大船のお店

わび茶|ランチタイムに美味しい金アジのアジフライ定食が食べられる大船のお店

わび茶(創作居酒屋と手打ちそば

今回は以前、大船駅前の商店街をブラブラ歩いていた時に見つけた、アジフライ定食が書かれたお店のランチメニューの看板が気になっていて、機会があったので寄ってみました。

結果、大満足なお店でした。

三和ビル第二の2階

わび茶の場所&営業時間

お店の名前はわび茶。
創作居酒屋と手打ち蕎麦って書かれていますけど、惹かれたのはランチメニューのアジフライ定食。

なにやら普通のアジフライじゃなくて金アジって書いてあって気になります。

場所は大船駅の賑やかな商店街側の一本裏路地に入った4階建てのビル。
大船に住んでる方や良く行く方なら簡単でしょうけど、なかなか分かりにくい場所にありますね。

「三和ビル第二」というそうです。

大船はこういう雑居ビルが多いですね。
ビルの2階に階段かエレベータにあがってすぐのお店が「わび茶」さんです。

三和ビル第二

わび茶の公式インスタグラムはコチラから

営業時間:11:30~14:30(ランチメニュー|L.O. 14:00)※夜営業あり
定休日 :日、月、火

初めに行くときは、ドキドキしますけど、一回でも行けば慣れますので。

わび茶のメニュー(ランチ)

という訳で、わび茶のランチメニューです。
夜は居酒屋になりますが、居酒屋は興味がないので、ランチのみの紹介です。

お店に入って店員さんに席に案内してもらってから、ランチメニューを持ってきてくれます。
A4サイズの紙に3枚です。

一番TOPに書かれているのが「釣り金アジのフライ定食」、これがお店のお薦めなんでしょうし、このメニュー目的で来ているので迷わずです。

2021年11月時点のランチメニュー

他にもランチメニューがいろいろありますね。値段も900円~1,000円台です。

普段、鎌倉で観光地価格で食べてますから、物凄く安く感じます(汗)

2021年11月時点のランチメニュー

カレーのメニューもあるんですね。ちょっと気になります。

わび茶の店内

わび茶の店内は座敷席がメインの、敷居で区切られた居酒屋風店内です。
4名掛けがメインですね。靴を脱いで座敷上がって、ハンガーなんかも準備されています。

プライベート感があって、お隣との席の間隔も十分で、このご時世には良いと思います。

今回訪れたのには、平日のランチ時間帯。
お客さんはあまりおらず、すべてが一人客でした。なので4人テーブルを一人で使えるという贅沢。

平日のランチ時は厳しいんですかね。。。
大船の商店街には物凄い安いお弁当屋さんとか沢山ありますしね・・・。

座席数はまあまああります。お手洗いも店内に。
平日のランチ時は一人訪問でも比較的ゆっくりと過ごせる穴場だと思います。気に入りました!

わび茶の食事

釣り金アジフライ定食

提供までちょっと時間が掛かりますが、
釣り金アジフライ定食(アジ2枚 1,000円(税込)です。

小鉢・お味噌汁付き、ご飯大盛無料だそうです。(とはいえ、大盛なんて頼みませんけど・・・)

アジフライには醤油わさびで食べるのがおススメだそうですけど、ソースやタルタルなんかも付けてくれます。
ソースはキャベツ千切りにも付けれますね。

釣り金アジフライ定食 1,000円

アジ2枚って書いてますけど、3枚入ってます。サービスなのかな?
そしてアジフライは広がっていないタイプ。鎌倉長谷の定食屋しゃもじさんタイプのアジフライですね。

お店の説明文によると、

金アジとは、回遊しない居付きのアジ、魚体が金色になることから金アジと。
脂の乗りがよく味も良いため、通常の味の2~5倍の価格が付くも、店長自ら船に乗って一本釣りで釣ったそばから血抜き、活き〆を施してるそうです。

で、金アジは調理も上手なのでしょう、身がふっくらフワフワでめちゃくちゃ美味しいです。
海鮮料理屋とかに全然負けてません。リピート決定ですね!

わび茶の支払い方法

食事が終わってから、お店入口横のレジにてお会計です。
支払い手段は豊富。というか各種OKなんじゃないでしょうか。

現金、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、PayPayなど、なんでもゴザレで便利です。

入りにくい雑居ビルの1階にわび茶さんのランチメニュー看板が建っています。
居酒屋さんが出すアジフライと侮るなかれ。OPENの時は迷わず行った方が良いですよ!

鎌倉でアジフライ定食を食べる

鎌倉アジフライ定食マップはコチラ

鎌倉アジフライ定食マップ(地図)|鎌倉市内(近隣)でアジフライが食べれるお店一覧(随時更新)

鎌倉アジフライ定食マップ(地図) 物凄いニッチなメニューの地図ですみません(笑)…
1192-diary.com

鎌倉グルメでおススメの本

PAGE TOP