【もうすぐ閉店】でぶそば|松竹スターも通った、寅さんセットがある中華料理店

【もうすぐ閉店】でぶそば|松竹スターも通った、寅さんセットがある中華料理店

でぶそば

大船に松竹大船撮影所があった時に、渥美清さんをはじめ、松竹&映画関係者が通ったことで有名な「でぶそば」さんへ行ってきました。

松竹大船撮影所の名残を探して大船巡り|地名や写真、飲食店など

松竹大船撮影所とは 昭和11(1936)年 1月松竹撮影所が蒲田から大船に移転し…
1192-diary.com

ただ、お店の方もご高齢で、営業許可の期限も来ているということで、更新せずにお店を畳まれるようです。2022年10月末日閉店。

お店の中にある、定休日が書かれた掲示にもあと「6か月」と書かれていました(涙)

でぶそばの場所、営業時間

でぶそばさんは鎌倉市ではなくてギリギリ横浜市。

松竹大船撮影所の正門(今の松竹前交差点)があった場所から北へまっすぐ300mほど進んだ場所に「青木神社」があって、その信号を大船駅側に曲がって坂をちょっと上った先にあります。

店内は昼間明るいときは電気を付けないのか、お店の中が暗くて開いているかどうか不安になりますけど、入口に「営業中」の看板が掲げられてたら開いています。

逆に「営業中」の看板が無いと閉まってます。

でぶそばの公式HPやSNSはありません

営業時間:11:30~16:00
定休日 :不定休(土日祝は営業|店内に掲示)

でぶそばの店内

でぶそばさんの店内は小ぶりな感じです。

レトロなテーブルクロスが敷いてある4名がけテーブルが3つ、壁にくっついた2名がけのテーブルが1つ。店内のカーテン奥にお手洗いが一か所あります。

お店にはTVが流れていますが、このTVが昭和のお店っていう感じを醸し出します。
最近のお店でTVが流れなんてのはほぼないですからね。

そして松竹のスター渥美清さんのサインがお店の壁に飾っています。代表作の男はつらいよのセンスやポスターも飾っています。

当時のお客さんは昔を懐かしんでいいですが、若い方でココに刺さる人は少ないのでしょうね。
時代ですね・・・。

かくいう私も、渥美清ファンでは無くて、鎌倉市の過去の興味から「松竹大船撮影所」を調べていたらでぶそばさんに行きついたというパターンです。

渥美清さんのファンかと言われれば、ちょっと違うんですよね・・・。

でぶそばのメニュー

さて、でぶそばさんのメニューです。

各テーブルのメニュー立てに書いてあります。内容はとってもシンプル、ラーメン、チャーハン、シュウマイ、ギョウザとその組み合わせです。

ここでは寅さんセットなんでしょうけど、少食の自分にはちょっと厳しそうです。

2022年5月時点のメニュー

ギョウザはできる日は張り紙をしますって書いてますから、毎日食べれるわけじゃないんですね。
でも、ラーメン500円とか、チャーハン450円とは値段はとっても良心的。

昔から、こんな良心的な値段だったら、映画関係者とか足しげく通ってもおかしくないです。

でぶそばの食事

ラーメンセット

オーダーしたのは、半ラーメンと半チャーハンのラーメンセット950円(税込)です。
半と言いながら、まずまずのボリュームです。

味はチャーハンもラーメンのとってもシンプル。
ラーメンはしょうゆ味。チャーシューは2枚乗っかています。

テーブルにはこしょうも置いてあるので、ラーメンは途中で味変ができますね。

昔ながらのシンプルな味が好きなら良いのでしょうけど、最近のラーメン屋さんとか物凄く美味しくなってますから、渥美清さんが通った町中華という売り文句だと、ちょっと弱いですね・・・。

残念ですが、ご高齢でお店を畳まれるのも、時期的に良い選択かもしれませんね。
これで、鎌倉市岡本にあった「岡本屋」と同じように、昔からあるラーメン屋さんが閉まっていきます・・・。

でぶそばの支払い方法

でぶそばさんの支払い方法は、現金のみです。

鎌倉グルメでおススメの本

PAGE TOP