鎌足稲荷神社(鎌倉市浄明寺)|鎌倉の秘境&藤原鎌足ゆかりの地

鎌足稲荷神社(鎌倉市浄明寺)|鎌倉の秘境&藤原鎌足ゆかりの地

今回は、鎌倉五山第五位で有名な「浄妙寺」のちょっと奥まったところにある、鎌足稲荷神社をご紹介します。浄妙寺には何回も行ってますが、全く気づきませんでした・・・

鎌足稲荷神社(かまたり いなり じんじゃ)

鎌足稲荷神社へのアクセス

鎌足稲荷神社へ行くには、浄妙寺の山門をくぐらずに、浄妙寺の右側を本堂側(山側)へ歩いて行きます。
すると、右側へ上る石段が見つかりますので、それを登ります。

鎌足稲荷神社への石段は、加工しやすい鎌倉石で作られているため、今までいろんな人が歩いてかなりすり減っています。特に下り場合は滑りやすいですから、手すりを持って慎重に。

鎌足稲荷神社の境内

浄妙寺からほど近い場所なんですけど、木々に囲まれて静かな場所です。
鎌足稲荷神社は、いろんな町にポツンとある小さな祠のような稲荷神社。

ただ、なかなかの有名人が関与している稲荷神社のようです。鎌足ってあの藤原鎌足ですからね!

この鎌足稲荷神社の説明板の下の方に、
鎌倉の地名は、鎌足公が鎌を埋納したことによるとされています。と書かれています。

あの大化の改新の主人公「藤原鎌足」が、鹿島神宮へ行く途中に鎌倉(由比ガ浜)に泊ったなんて。

鎌足稲荷神社の奥は行けないように、規制線(ロープ)が張られていますが、やぐらのようなものが見えますね。

ただ、人気も無くて静かで、木々に囲まれて薄暗いので、あまりウロチョロしたくはないですが・・・。

ちなみに浄妙寺には藤原鎌足像が祀られているようです。

多くの鎌倉のガイドブックには掲載していない場所ですけど、鎌倉の地名の由来の一つになった場所ですから、浄妙寺に行ったついでに寄ってみると面白いと思います。

藤原(中臣)鎌足の伝承

藤原(中臣)鎌足は中大兄皇子の信頼を得て共に、宮中(飛鳥板蓋宮)で専横著しい蘇我入鹿を討ち、翌日蘇我蝦夷が自邸に火を放ち自害して蘇我本宗家が滅亡した「乙巳の変」において活躍した有名な人臣です。

鎌倉にもすこしゆかりがあるようなので、少しだけ深堀してみます。

鎌足の出生地について

飛鳥時代に活躍した藤原鎌足の出生地は2つの説があります。

一つが現在の明日香村(根拠:藤氏家伝)にある「大原神社」。近くには産湯の井戸と伝わる場所も残されています。そして、その近くには鎌足の母「大伴夫人の墓」と伝わる場所もあります。

もう一つが常陸国鹿島(根拠:大鏡)です。

ここに武甕槌大神を祀る鹿島神宮がある場所で、藤原氏の氏神「春日神」を祀っている奈良にある「春日大社」の4柱のうち1柱が武甕槌命と同じ神様。ゆかりがあっても全くおかしくありません。

ちなみに、鎌足稲荷神社へは藤原氏にとって大切な「鹿島神宮」への道中に立ち寄ったということですね。

藤原鎌足の系図

中臣鎌足は天智天皇から藤原姓を頂くまで名乗っていた名前。
そして、藤原姓を頂いたは死去の直前(前日?)ということなので、ほとんど中臣鎌足として活動していたことになります。

妻は鏡王女。子供にはこれまた有名な藤原不比等がいます。

中臣御食子=====大伴智仙娘
       |
      中臣鎌足=====鏡王女 他
            ┣----┳-------┳
            定恵  藤原不比等    |
                 |     (玄孫まで下る)
                藤原四兄弟    |
                        染谷時忠(由比の長者)
                         |
                         良弁(東大寺開山)

そして鎌倉ネタとしては、飛鳥・奈良時代にかけて由比の長者として知られる「染谷時忠」が、石碑の説明によると藤原鎌足の玄孫と伝わっているようです。

染屋時忠|奈良時代の鎌倉・長谷周辺にいたとされる豪族とそのゆかりの地(石碑を読む)
今回は長谷にある石碑「染屋太郎大夫時忠邸阯」の石碑を読んでみることにしました。昔の人の名前って姓と名の間に役職とか付いてくるので難しいですよね。 いまで言う「○…
1192-diary.com

妻:鏡大王(かがみのおおきみ)について

中臣鎌足の妻である鏡大王は、以前「中大兄皇子(後の天智天皇)」の妻だったようです。
近江国野洲郡鏡里にいた豪族「鏡王」の娘で、あの天才女流歌人「額田王」の姉にあたるとされています。

鏡大王は夫鎌足の病気平癒を願い、興福寺の前身「山階寺(京都市山科区)」を建立した人物です。天智天皇は大津京に居ましたから、そこに近い場所にお寺を建てたようですね。

墓地は桜井市忍坂。舒明天皇(天智天皇・天武天皇の父)と大伴皇女墓(推古天皇の姉妹)の近くにあります。

「藤氏家伝」:藤原鎌足、定恵、不比等(ただし現存せず)の伝記、著は藤原仲麻呂(恵美押勝)
「多武峰縁起絵巻」:多武峯談山神社の縁起絵巻
「大鏡」:紀伝体の歴史物語、平安時代の後期に成立

著:遠足プロジェクト
¥880 (2024/07/03 22:28時点 | Amazon調べ)

PAGE TOP