鎌倉市の生い立ち|鎌倉市の歴史を古事記から市町村合併の時代まで調べてみた

鎌倉市の生い立ち|鎌倉市の歴史を古事記から市町村合併の時代まで調べてみた

2019-11-08

2019年は、鎌倉市がスタートしてから80周年だそうです。
なんか、星と月をかたどったロゴマークも出来上がってますが、鎌倉のスタートは一体いつなのか遡ってみました。

鎌倉の歴史(地名編)

歴史文化交流館の企画展示

古事記

倭建命の子、足鏡別王は「鎌倉之別・・之祖也」と記載。

奈良時代の鎌倉の出来事について、割と詳しく調べてみました
奈良時代(710~794年) 奈良時代は、日本の首都が平城京(今の奈良市)にあった時代のこと。第43代「元明天皇」から第50代「桓武天皇」が、京都の平安京に都を…
1192-diary.com

733年(天平5年)

奈良時代が「鎌倉」という地名が記載が、初めて見られる時代のようですね。

天平5年9月 「鎌倉郡鎌倉里」の木簡。綾瀬市で出土。

ほか、正倉院御物の「古裂(こぎれ)」に「鎌倉郡沼浜郷」「鎌倉郡片瀬郷」の記載あり。
万葉集に「鎌倉」「鎌倉山」「鎌倉の美奈の瀬川」「可麻久良」の地名記載あり。

郷って?

郷は律令制における田舎、里を意味して、地方行政の単位だった。
715年に里→郷に改名したそうです。だから鎌倉里は鎌倉郷と置き換えてもいいのかな。

郡衙(ぐんが)

古代律令制の下で郡の官人(郡司)が政務を行った役所。
鎌倉郷鎌倉里、今の鎌倉市御成町一帯(今小路西遺跡)にあったと推定されている。

平安時代中期

和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)

平安時代中期(930年代)に造られた辞書。今でいう国語辞典や漢和辞典の要素を含んでいるみたい。
この、20巻本で古代律令制の行政区画、「国・郡・郷」の名称を網羅。

相模国鎌倉郡では(沼浜、鎌倉、埼立(さきたて)、荏草(えがや)、梶原、尺度(さかど)、大島)の7郷。
鎌倉七郷です。(片瀬郷が入って8郷との説も・・・)

今の逗子市から藤沢市一帯を含んだ地域。

詳しい場所は正確には分かっていないそうですけど、推測では下記の地域。
沼浜:現在の逗子市市域(沼間の基になったとか)
埼立:長谷、坂ノ下、寺分、町屋、大船、小袋谷地域
荏草:鎌倉南東部一帯
梶原:梶原周辺
尺度:大船から横浜南部(栄区の一部)
大島:横浜市戸塚区付近

沼浜は、吾妻鏡に源義朝の屋敷「沼浜の旧宅」という記述で出てきます。東逗子付近ですね。

源義朝|頼朝、義経の父にして、保元の乱、平治の乱を戦った河内源氏の武将
源義朝(みなもとのよしとも) 1123-1160。 鎌倉幕府を創設した源頼朝の父。少年期、東国に下向し三浦氏や上総氏などと在地豪族との関係を強めた河内源氏の嫡流…
1192-diary.com

1063年(平安時代、康平6年)

源頼義前九年合戦(1051~1062)で陸奥の国の安倍氏を滅ぼす。
その帰途、相模守として由比郷鶴岡に岩清水八幡を勧請して由比若宮を建立。

由比若宮

ここに由比郷鶴岡がでてきます。鶴岡八幡宮の鶴岡はここから来てますね!

清和源氏|鎌倉幕府の初代征夷大将軍、「源頼朝」の出所(先祖)を調べてみた
今回は、源頼朝の祖先をずーっと遡ってみました。どういう祖先がいて、その時の出来事や人物など、ザックリ調べて何か掴めたらいいなと。 何分、勉強途中なので、記載内容…
1192-diary.com

1591年(安土桃山時代、天正19年)

豊臣秀吉が全国統一を果たした頃です。
徳川家康の鎌倉の社寺検地が行われて、年貢などが決まり、村の基本ができました。

鎌倉十ヶ村
雪ノ下村、小町村、大町村、扇ヶ谷村、谷合四ヶ村(十二所村、西御門村、二階堂村、浄明寺村)、山ノ内村、乱橋材木座村、極楽寺村、坂ノ下村、長谷村

江戸時代

水戸光圀が著した新編鎌倉志。ここに鎌倉名数として谷七郷が記載。

小坂郷:鎌倉市山ノ内
小林郷:鎌倉市雪ノ下 → 元鶴岡八幡宮は小林郷
葉山郷
津村郷
村岡郷
長尾郷
矢部郷

明治時代

1878年(明治11年)

鎌倉郡が発足。

1889年(明治22年)

町村制(1888~1947年)スタート。
鎌倉郡に編入(東鎌倉村、西鎌倉村、腰越津村、小坂村、深沢村、玉縄村)

東鎌倉村
小町村、大町村、雪ノ下村、西御門村、浄明寺村、二階堂村、十二所村、扇ヶ谷村、峠村、乱橋材木座村の一部と極楽寺村の一部が合併。
同時に鎌倉郡へ編入

西鎌倉村
長谷村、坂ノ下村、極楽寺村、乱橋材木座村、大町村の一部が合併。同時に鎌倉郡へ編入

腰越津村
腰越村、津村が合併。同時に鎌倉郡へ編入

小坂村
小袋谷村、台村、大船村、岩瀬村、今泉村、山ノ内村が合併。同時に鎌倉郡へ編入。

小坂郵便局前(バス停)

1894年(明治27年)

町制を施行。
鎌倉郡鎌倉町が、東鎌倉村+西鎌倉村を吸収して成立。

昭和時代

1931年(昭和6年)

腰越津村→腰越町 へ

1933年(昭和8年)

小坂村と玉縄村が合併して、大船町

1939年(昭和14年)

鎌倉市が誕生。鎌倉町と腰越町が合併。

1948年(昭和23年)

鎌倉市が大船町と深沢村を合併。人口8万人都市。

世界遺産の白川郷は昔の「郷」の名残なんですよね。
国の制度が変わるにしたがって、行政区分が変わって地名が変わっていくことが分かってきました。

これからも気になることが分かったらこのページに追記して行きたいと思います。

著:遠足プロジェクト
¥880 (2024/04/15 19:36時点 | Amazon調べ)

PAGE TOP