SLAMs BURGER HOUSE|腰越にある古民家で特製つけダレにダンク!

SLAMs BURGER HOUSE|腰越にある古民家で特製つけダレにダンク!

SLAMs BURGER HOUSE(スラムスバーガーハウス)

今回は腰越にある、古民家カフェ兼簡易宿泊施設?で食べられる、グルメバーガーを食べてきました。コロナ禍前は良くメディアにも出てたのですが、コロナ禍で閉店状態に。

コロナもちょっと収まった時期に、お店の張り紙で週末営業しているということが分かり行ってきました。

スラムスバーガーハウスの場所、営業時間

SLAMs BURGER HOUSE(スラムスバーガーハウス)の場所は、江ノ電「腰越」駅から歩いて2~3分の所にあります。

「腰越駅」を出て、源義経ゆかりのお寺「満福寺」方面へ歩くと、左側にお店が見えてきます。
お店が閉まっているとスルーしがちな外観ですが、空いていたら下記写真のように暖簾もでてますのですぐに分かると思います。

スラムスバーガーハウスの公式HPはコチラから

営業時間:11:30~16:00
定休日 :不定休  ※現在は週末(土日祝)のみ営業

お店の名刺には不定休と記載。
お店の窓には「毎週土日祝日営業しております!!」と張り紙がされていました。2022年6月現在。

コロナが完全に収まるまでは定休日などは、事前チェックが必要ですね!

スラムスバーガーハウスの店内

外観からも分かるように、スラムスバーガーハウスさんは築100年の古民家を改装(リノベーション)したお店です。

和風なお店、入口だけソファーですが、他はちゃぶ台やテーブルに座布団のお座敷形式です。
2名から、6名程度の人数まで、収容可能なキャパシティのあるお店。

ひとテーブルはお店の外に突き出した感じになっていて面白いです。

古民家カフェは天井を見るのも面白いです。
サーフボードが飾ってあったり、バスケットボールのウェアが飾ってあったり。

ちなみに、スラムスバーガーハウスは、ソースにダンクとか、バスケットボールとスラムダンクを強烈に意識していますよね。

お手洗いはお店の奥に一か所、その手前に洗面台。
お手洗いの奥には2Fへ行く階段があって、そこは簡易宿泊施設みたいです。

※お店の名刺には「民泊プラン」とも書いてました。

あと、Free-Wi-fi あるみたいですが、今回気づきませんでした。お店の人に聞いたら良かった(涙)

スラムスバーガーハウスのメニュー

スラムスバーガーハウスのメニューです。
お店に入って席に座ったら見せて頂けます。このお店は「ハンバーガー屋さん」とはっきり名言。

メニューは下記写真のみの様でした。

2022年6月時点のメニュー

大きなハンバーガーか、小さなハンバーガー2個かを選択、チーズかベーコンのトッピングを選択、ダンクするソースを選択、ドリンクはソフトドリンクかアルコールかで値段が変わってきます。

よく雑誌とかで紹介されるのは、小さなハンバーガーが2個のパターン。

確かに、小さなハンバーガー二個は他のお店にはありませんし、ソースにダンクするときに小さい方がダンクしやすいんです。

スラムスバーガーハウスの食事

スラムスバーガーハウスさんの「ダンクバーガー」は、仕出し弁当のようなお弁当箱に入ってやってきます。セットドリンクは食事の前に提供されました。

ハンバーガー1個の場合

ハンバーガーが一個の場合です。
正方形の区切りにハンバーガーが乗って、長方形の区切りにポテトが乗っています。

真中の小さい箱にケチャップとマヨネーズはポテト用。
左上がタレです。(ジンジャー味)

あとは小鉢に入ったピクルス。ハンバーガーはチーズトッピングなんですけど、写真の角度的に見えませんね(汗)、パティは100%和牛ビーフとのこと。

小ハンバーガーが2個の場合

コチラは、小さいハンバーガー2個の場合です。
ポテトとバーガーの入っている位置が微妙に変わっています。

ソースはジンジャーかな?レモンは透明っぽい色になるのですが、ジンジャーとワサビは結構同じ色で分かりにくかった気がします。

大きいサイズのハンバーガーには、他のお店と同じようにハンバーガーを入れる袋がテーブルに備えてあるのでそちらを利用。

小さいハンバーガーは手で掴んで、カジっても崩れにくく袋要らずです。

スラムスバーガーハウスの支払い方法

支払い方法は、現金かクレジットカードが利用可能のようでした。
食事が終わった後でレジにてお会計になります。

鎌倉でグルメバーガーを食べる

鎌倉グルメバーガーマップはコチラから

ルーフトップス

鎌倉グルメバーガーマップ|鎌倉市内でグルメバーガーが食べれるお店一覧(随時更新)

鎌倉グルメバーガーマップ 鎌倉市内で実際に訪問した「グルメバーガー店」をgoog…
1192-diary.com

鎌倉グルメでおススメの本

PAGE TOP