源仲章|源実朝の教育係は朝廷と鎌倉幕府の二重スパイだった?

源仲章|源実朝の教育係は朝廷と鎌倉幕府の二重スパイだった?

源仲章(みなもとのなかあきら)

生誕不詳-1219 宇多源氏、源雅信(左大臣|藤原道長の妻の父)の後裔。
後鳥羽天皇に仕えつつ、鎌倉幕府の御家人としても活躍。

源実朝の教育係として仕えたが、その関係もあり、鶴岡八幡宮にて公暁(実朝の甥)に殺害された。

鶴岡八幡宮大階段(源仲章殺害現場)

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、生田斗真さんが演じられます。

源仲章の簡易年表

時期年齢出来事
生誕不詳誕生
後鳥羽上皇に仕える
建仁3(1203)年阿野全成の3男「頼全」を処刑
建永元(1206)年鎌倉に下向し、源実朝の教育係となる
建保4(1216)年政所別当に任じられる
建保7(1219)年源実朝の右大臣拝賀の日、鶴岡八幡宮で公暁により殺害される

源仲章周辺の系図

宇多天皇
 ⋮
源雅信
 ⋮---倫子=====藤原道長
 ⋮
源光遠=====母不詳
     |
    源仲章
     |

※系図が崩れる場合は、画面を横にしてご覧ください

源仲章周辺の系図は良く分かっていませんし、有名な子孫に繋がる記録もなさそうです。

宇多天皇の流れを汲むと言うことで、途中で藤原道長の妻となった源倫子が出てきますが、こちらについては、2024年の大河ドラマ「紫式部」で深堀してみたいと思います。

朝廷・貴族に関するおススメ書籍

PAGE TOP