後鳥羽天皇|新古今和歌集を編纂、承久の乱も起こした、文武両道の人物

後鳥羽天皇|新古今和歌集を編纂、承久の乱も起こした、文武両道の人物

2022-09-18

後鳥羽天皇

1180-1239 第82代天皇、後白河天皇の孫で、安徳天皇の異母弟。
藤原定家らに勅撰集の命を下し「新古今和歌集」を編纂。

鎌倉幕府(北条義時軍)と戦った承久の乱では敗北し、隠岐の島へ流罪、その地でそのまま亡くなりました。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、尾上松也さんが演じられます。

後鳥羽天皇の簡易年表

時期年齢出来事
治承4(1180)年0高倉天皇の第四皇子として誕生
寿永2(1183)年践祚(天皇の位につく)
建久3(1192)年後白河法皇が崩御
建久9(1198)年土御門天皇に譲位(上皇に)
建仁元(1201)年藤原定家らに、新古今和歌集の編纂を命じる
建保7(1219)年鶴岡八幡宮で、源実朝が甥の公暁に暗殺、朝廷-幕府の蜜月が終了
承久3(1221)年承久の乱
北条義時追討のため挙兵するも敗北
文暦2(1235)年後鳥羽院の環京の提案があったが、北条泰時は拒否
延応元(1239)年隠岐にて崩御

承久の乱勃発

京都からの飛脚により後鳥羽上皇挙兵の動きが伝えられ、鎌倉に居た追討宣旨の使者が召し出され、有名な御家人に対する北条政子の演説が行われた慌ただしい1日です。

承久3(1221)年5月19日

京都にいた伊賀光季からの5月15の飛脚が鎌倉に到着。このところ院御所内に官軍が集められていると。

後鳥羽法皇の崩御

後鳥羽法皇の崩御は、数日後、京都の使者によって鎌倉に伝えられました。

延応元(1239)年 3月17日

六波羅からの使者が鎌倉に到着し、去る2月22日に後鳥羽法皇(隠岐法皇)が遠方の島で亡くなられ、2月25日に葬られたと。

後鳥羽天皇周辺の系図

約2歳年上の安徳天皇は平清盛の孫だったため、半ば強引に天皇に。
後白河法皇は、それに対抗して後鳥羽天皇を三種の神器なしに天皇に即位させました。

後白河天皇(77)
 ┣------┓
以仁王    高倉天皇(80)
        ┣------┓
       安徳天皇(81) 後鳥羽天皇(82)
               ┣-------┓
              順徳天皇(84) 土御門天皇(83)
                       |
                     後嵯峨天皇(88)   
                       |
                      宗尊親王

※系図が崩れるときは、画面を横にしてご覧ください。

後鳥羽天皇ゆかりの地

閑院内裏跡

後鳥羽天皇が即位した場所。
豊臣秀吉妙顕寺城跡の石碑と共に説明板がありますが、ほとんど読むことができません。残念!

高陽院邸跡

高陽院は「かやのいん」と読みます。
もともとは、藤原頼道(関白)の邸宅。それ以降、天皇の里内裏としても利用され、1205年から承久の乱まで後鳥羽上皇の御所となり、院政の拠点となった場所。

城南宮

後鳥羽上皇は、ココで城南流鏑馬の武者揃えと称して兵を集めて、鎌倉幕府執権の北条義時追討を図った。

水無瀬神宮

▶ 大阪府三島郡島本町広瀬3-10-24 | 🅿あり | 公式HP

かつて後鳥羽上皇の離宮があったとされる地に立つ神宮。
後鳥羽天皇、土御門天皇、順徳天皇を祀っています。

後鳥羽天皇宸翰御手印置文(ごとばてんのう しんかんおていんおきぶみ)

島本町立歴史文化資料館に複製が展示されています。

後鳥羽天皇 大原陵

京都大原の三千院から勝林院の間の道に、後鳥羽天皇の大原陵があります。
隣には順徳天皇陵があって、親子一緒です。

▶ 京都府京都市左京区大原勝林院町 | 🅿なし | 

法華堂

後鳥羽天皇冥福のために建てられた堂宇。後鳥羽天皇大原陵のすぐ側にあります。

鎌倉の歴史把握に役立った書籍

朝廷・貴族に関するおススメ書籍

PAGE TOP