鎌倉市内の旧跡案内石碑一覧|より深い鎌倉の歴史を学ぶ

鎌倉市内の旧跡案内石碑一覧|より深い鎌倉の歴史を学ぶ

2020-06-19

鎌倉市に約80基ほど設置されているという旧跡案内石碑。

インターネット上にはすでに、この石碑を解説したページも沢山ありますが、自分で見つけて読むことが理解を深めるし大切な事だと思ったので、記録としてブログに記載。

自分なりに解読し、読むコツや広げた知識ネタも併せて記載してみました。

西御門&東御門|鎌倉市内に点在する石碑を読んでみた

鎌倉市内にある石碑 鎌倉青年会(団)が大正6年から、鎌倉の文化遺産を市民や観光客…
www.1192-diary.com

そして、石碑の一覧表をそのテーマが発生した日付順に並べてみました。
他のサイトで設置地区や建立年月で並べたものはあったのですが、自分としては、鎌倉の歴史の流れを掴みたいと思ったので。

でも、歴史上の出来事は年月で並べられますが、それ以外、つまり人物や史跡の説明などは、人物の生年月日や史跡の創建時期など、多少のアドリブが入ってます。

目次

飛鳥時代

697年|天武天皇元年|染屋太郎大夫時忠邸阯

染屋時忠|奈良時代の鎌倉・長谷周辺にいたとされる豪族とそのゆかりの地(石碑を読む)

今回は長谷にある石碑「染屋太郎大夫時忠邸阯」の石碑を読んでみることにしました。昔…
www.1192-diary.com

平安時代

1063年|康平六年|元八幡

元八幡|鎌倉&源氏のシンボル、鶴岡八幡宮の歴史はここから始まった(石碑を読む)

今回は鎌倉市内に設置されている鶴岡八幡宮の前身だった元八幡(由比若宮)の石碑を読…
www.1192-diary.com

1083年|永保三年|源氏山

※後三年の役(1083年)で八幡太郎義家が出陣する際に山上に源氏の白旗を立てて戦勝を祈願

源氏山|鎌倉の聖地、源頼義の代から源頼朝まで、清和源氏ゆかりの地(石碑を読む)

今回は「源氏山」の石碑を読んでみました。源氏山の石碑は、源氏山の山頂近くにあるの…
www.1192-diary.com

1104年|長治元年|荏柄天神社

※案内板の創建年を適用

荏柄天神社|日本三天神の一つと言われる、鎌倉の有名な天神様(石碑を読む)

今回は鎌倉市内にある石碑の中でも、荏柄天神社の入口付近にある石碑を読んでみました…
www.1192-diary.com

1180年|治承四年|稲瀬川

稲瀬川|源頼朝から新田義貞まで、鎌倉時代の歴史が詰まった小さな小川(石碑を読む)

今回は由比ガ浜に注ぐ小さな稲瀬川の石碑を読んでみました。鎌倉の歴史などに疎かった…
www.1192-diary.com

1180年|治承四年|大蔵幕府旧跡

大蔵幕府|鎌倉で源頼朝が過ごした、武家政権の最初の中心地(石碑を読む)

今回は大蔵幕府旧跡の石碑を読んでみました。 昔の武家政権の中心地ですけど、今の鎌…
www.1192-diary.com

1180年|治承四年|西御門&東御門

西御門&東御門|鎌倉市内に点在する石碑を読んでみた

鎌倉市内にある石碑 鎌倉青年会(団)が大正6年から、鎌倉の文化遺産を市民や観光客…
www.1192-diary.com

1180年|治承四年|足達盛長邸址

※足達盛長は源頼朝と同じく鎌倉に入ったと思われるため、この年に設定

安達盛長邸|鎌倉殿の13人の一人、鎌倉幕府の有力御家人(石碑を読む)

今回は甘縄神明神社の入口に置かれている「安達盛長邸」の石碑を読んでみました。安達…
www.1192-diary.com

1180年|治承四年|二十五坊旧蹟

※鶴岡八幡宮は現在地に遷された年を適用

二十五坊|鶴岡八幡宮の奥深く、古都保存法のきっかけとなった場所(石碑を読む)

今回は北鎌倉方面から鶴岡八幡宮へ向かう途中(巨福呂坂の終点近く)に置いてある「二…
www.1192-diary.com

1182年|寿永元年|段葛

段葛|鶴岡八幡宮に向かって若宮大路の中心に延びる鎌倉時代初期から残る歴史道(石碑を読む)

今回は段葛が始まる二の鳥居に設置ある「段葛」石碑を読んでみました。昔の段葛がどこ…
www.1192-diary.com

1182年|寿永元年|源平池

源平池|鶴岡八幡宮境内にある大きな池、源氏池+平家池=源平池(石碑を読む)

今回は鶴岡八幡宮にある源平家の石碑を読んでみました。遠くから見ると、何が書いてあ…
www.1192-diary.com

1182年|寿永元年|文覚上人屋敷迹

文覚上人|伊豆で頼朝に旗揚げを促した人物、恋に修行に祈禱に激しい僧侶の屋敷跡(石碑を読む)

今回は金沢街道の大御堂橋近くにある文覚上人に関する石碑を読んでみました。好きな人…
www.1192-diary.com

1184年|元暦元年|清水冠者義高之墓

木曽冠者義高之墓|数奇な運命に翻弄された信濃源氏の若君(石碑を読む)

鎌倉市大船にある常楽寺。建長寺を開山する前に蘭渓道隆が滞在していたという臨済宗建…
1192-diary.com

1184年|元暦元年|大江廣元邸址

大江廣元屋敷|守護・地頭設置の建議など、鎌倉幕府誕生の功労者(石碑を読む)

今回は鎌倉殿の13人の一人「大江広元」に関する石碑を読んでみました。結構、辺鄙な…
www.1192-diary.com

1184年|元暦元年|問注所旧跡

問注所旧蹟|今で言う裁判所跡、三善康信が初代執事を務める(石碑を読む)

今回は、三善康信(1140-1221|公家)が初代執事をつとめた「問注所」跡にあ…
www.1192-diary.com

鎌倉時代

1185年|文治元年|勝長寿院旧跡

勝長寿院|父「源義朝」を弔う為に創建された大寺院(石碑を読む)

今回は源頼朝が創建した「勝長寿院(しょうちょうじゅいん)」の石碑を読んでみました…
www.1192-diary.com

1185年|文治元年|義経宿陣之跡

義経宿陣之跡|腰越状で有名な満福寺(石碑を読む)

今回は腰越の満福寺にある「義経宿陣之趾」石碑を読んでみました。石碑の多くは鎌倉中…
www.1192-diary.com

1185年|文治元年|土佐坊昌俊邸址

土佐坊昌俊|京都にいる源義経を襲った家族思いの鎌倉武士(石碑を読む)

今回は住宅地の中に申し訳なさそうに設置してある石碑「土佐坊昌俊」を読んでみました…
www.1192-diary.com

1186年|文治二年|主馬盛久之頸坐

主馬盛久頸座|不思議な力で命拾いした人物(石碑を読む)

今回は由比ガ浜大通りの中央付近にある、主馬盛久の石碑を読んでみました。この石碑を…
www.1192-diary.com

1189年|文治五年|永福寺旧蹟

永福寺旧蹟|鎌倉時代には大寺院、全国の二階堂さんの故郷(石碑を読む)

今回は鎌倉市内にある「永福寺旧蹟」の石碑を読んでみました。 この永福寺に、当時と…
www.1192-diary.com

1199年|建久十年|法華堂跡

※源頼朝の死没日としています。

法華堂跡(源頼朝の墓)|源頼朝が眠る場所は安達氏・三浦氏にとってもゆかりの地(石碑を読む)

今回は鎌倉市の西御門にある法華堂跡の石碑を読んでみることにしました。 源頼朝ゆか…
www.1192-diary.com

1199年|正治元年|畠山重忠邸址

畠山重忠|頼朝に信頼された鎌倉御家人、頼朝次女「三幡姫」にまつわる話(石碑を読む)

今回は鶴岡八幡宮の近くにある「畠山重忠邸址」の石碑を読んでみました。 てっきり畠…
www.1192-diary.com

1203年|建仁三年|比企能員邸址

※比企能員の変が起きた年を採用

比企能員邸|鎌倉殿13人の一人を擁する比企一族最後の地(石碑を読む)

今回は妙本寺にある「比企能員(ひき よしかず)」関連の石碑を読んでみました。妙本…
www.1192-diary.com

1204年|元久元年|北条執権邸旧蹟

※初めに住んだ北条義時の執権就任年としました。

北條執権邸|鎌倉時代に栄華を極めた邸宅跡(石碑を読む)

今回は鎌倉市の宝戒寺門前にある「北条執権邸」の石碑を読んでみました。夏の季節に向…
www.1192-diary.com

1205年|元久二年|畠山重保邸址

畠山重保邸阯|北条時政に嵌められた人物、坂東武士の鏡「重忠」の嫡男(石碑を読む)

今回は、若宮大路を滑川交差点に向かって進んだ場所(一の鳥居付近)にある「畠山重保…
www.1192-diary.com

1205年|元久二年|相馬次郎師常之墓

相馬師常|信望の厚かった千葉氏庶流(次男)で相馬氏の祖(石碑を読む)

今回は扇ガ谷の住宅街の奥地(谷戸の奥)にたたずむ、相馬師常の墓の石碑を読んでみま…
1192-diary.com

1212年|建暦二年|大慈寺跡

大慈寺跡|鎌倉幕府将軍繋がり、源実朝と宗尊親王ゆかりの大寺院(石碑を読む)

今回は金沢街道沿いにある「大慈寺跡」の石碑を読んでみました。これも今は廃寺ですけ…
www.1192-diary.com

1213年|建保元年|歌の橋

歌の橋|和田合戦の裏に隠された、和歌にまつわる鎌倉時代の出来事(石碑を読む)

今回は金沢街道沿いにある「歌の橋」石碑を読んでみました。歌=和歌といえば、源実朝…
www.1192-diary.com

1225年|嘉禄元年|宇津宮辻幕府旧跡

宇津宮辻幕府|摂家将軍「藤原頼経(4代)」が長く滞在した場所(石碑を読む)

今回は「宇津宮辻幕府(宇都宮辻幕府)」についての石碑を読んでみました。11年間と…
www.1192-diary.com

1225年|嘉禄元年|長楽寺跡

長樂寺跡|広大な鎌倉文学館の土地は、七堂伽藍を有する大寺院(石碑を読む)

今回は、笹目にある鎌倉文学館の入口付近に建っている「長楽寺跡」の石碑を読んでみま…
www.1192-diary.com

1232年|貞永元年|和賀江島

和賀江島|飯島の地、日本に現存する最古の築港遺跡(石碑を読む)

今回は、鎌倉市材木座の海の中にある「和賀江島」の石碑を読んでみました。 この石碑…
www.1192-diary.com

1236年|嘉禎ニ年|若宮大路幕府旧跡

若宮大路幕府|約100年、鎌倉幕府終焉まで見届けた幕府跡(石碑を読む)

今回は若宮大路幕府の石碑を読んでみました。幕府の石碑は、大蔵、宇津宮辻、若宮大路…
www.1192-diary.com

1239年|延応元年|今宮

今宮|鶴岡八幡宮の奥にひっそり佇む、鎌倉での承久の乱ゆかりの地(石碑を読む)

今日は鶴岡八幡宮の飛び地境内(っていうのかな?)にある今宮の石碑を読んでみました…
www.1192-diary.com

1240年|仁治元年|蓮華寺阯

蓮華寺阯|佐助流北条氏が関係か?佐助ヶ谷にあった光明寺の前身(石碑を読む)

今回は蓮華寺っていう、また鎌倉で初めて聞くお寺の名前が書かれた石碑を読んでみまし…
www.1192-diary.com

1240年|仁治元年|朝夷奈切通

朝夷奈切通|朝夷奈三郎義秀伝説、鎌倉-六浦を結ぶ要衝の路(石碑を読む)

今回は、鎌倉市と横浜市金沢区をつなぐ歴史道「朝夷奈切通(あさいなきりどおし)」の…
www.1192-diary.com

1246年|寛元四年|青砥藤綱旧蹟

注)5代執権北條時頼に仕えていたことから、執権就任初年の1246年としています。

青砥藤綱|鎌倉時代後期の引付衆メンバーの一人(石碑を読む)

今回は東勝寺橋のすぐ横に立っている「青砥藤綱」の石碑を読んでみました。生没年不詳…
www.1192-diary.com

1246年|寛元四年|青砥藤綱邸旧蹟

注)5代執権北條時頼に仕えていたことから、執権就任初年の1246年としています。

青砥藤綱邸|鎌倉執権を補佐した優秀な部下(引付衆)の邸宅跡(石碑を読む)

今回は青砥藤綱邸についての石碑を読んでみました。青砥藤綱にはもう一つ石碑があって…
www.1192-diary.com

1247年|宝治元年|筋替橋

筋替橋|鎌倉御家人合戦 三浦 vs 安達 1247年宝治合戦の地(石碑を読む)

今回は鎌倉の鶴岡八幡宮の東側にある「筋替橋」の石碑を読んでみました。昔に川が流れ…
www.1192-diary.com

1248年|宝治二年|乱橋

乱橋|名前の由来は陣形が乱れた?材木座にある鎌倉十橋の一つ(石碑を読む)

今回は、鎌倉市にある鎌倉十橋の一つにもなっている「乱橋」の石碑を読んでみました。…
www.1192-diary.com

1253年|建長五年|日蓮聖人草庵阯

日蓮上人草庵阯|日蓮宗の開祖「日蓮」が鎌倉で初めて庵を結んだ地(石碑を読む)

今回は安国論寺の門前に立っている「日蓮上人」関連の石碑を読んでみました。石碑には…
www.1192-diary.com

1253年|建長五年|日蓮聖人辻説法之阯

日蓮聖人辻説法|鎌倉時代のメインストリート小町大路、日蓮宗の布教スタート地(石碑を読む)

今回は日蓮関連の石碑の中でも「辻説法」の石碑を読んでみました。日蓮についてのこと…
www.1192-diary.com

1254年|建長六年|聖福寺阯

聖福寺阯|七里ガ浜を望む高台、北条時頼が子供のために建てた寺(石碑を読む)

聖福寺阯 今回は稲村ケ崎の僻地にある石碑をようやく発見したので、足を運んできまし…
www.1192-diary.com

1256年|建長八年|藤原仲能之墓

藤原仲能|花の寺「海蔵寺」を創建、鎌倉幕府の評定衆(重臣)の一人(石碑を読む)

今回は源氏山公園(葛原岡神社側)にあった、「藤原仲能之墓」石碑を読んでみました。…
www.1192-diary.com

1258年|正嘉二年|鉄井

鉄ノ井|鉄(くろがね)は、鎌倉時代の火災で埋まっていた鉄製の観音像の事だった(石碑を読む)

今回は小町通りの最後部(鶴岡八幡宮側)に立っている鉄井の石碑を読んでみました。昭…
www.1192-diary.com

1260年|文応元年|宿屋光則屋敷跡

宿屋光則|日蓮上人に帰依し自宅を捧げた鎌倉5代執権北條時頼の側近(石碑を読む)

宿屋光則屋敷跡 「宿屋光則屋敷跡」石碑の場所 光則寺の門前左側に石碑が置かれてい…
www.1192-diary.com

1271年|文永八年|日蓮上人祈雨旧跡

日蓮上人祈雨旧跡|鎌倉の2大僧侶、日蓮 vs 忍性の雨乞い対決(石碑を読む)

今回は霊光寺にある日蓮関係の石碑を読んでみました。鎌倉新仏教で有名になった僧は沢…
www.1192-diary.com

1279年|弘安二年|阿仏尼旧蹟

※阿仏尼が鎌倉へ下向した年です

阿佛邸旧跡|京から出てきて月影ヶ谷へ、紀行文「十六夜日記」の著者(石碑を読む)

阿佛邸旧跡(あぶつに|石碑) 「阿佛邸旧跡」石碑の場所 実際に阿仏尼が住んでいた…
www.1192-diary.com

1279年|弘安ニ年|藤谷黄門遺蹟

※母阿仏尼が鎌倉へ下向した年を記載。(それ以降為相も鎌倉へ行ったと考えられるから)

藤谷黄門|和歌一族の冷泉家ルーツの地(石碑を読む)

今回は摩訶不思議な「藤谷黄門」石碑を読んでみることにしました。黄門って誰よ。水戸…
www.1192-diary.com

1282年|弘安五年|太平寺跡

太平寺跡|西御門にある、鎌倉尼五山第一位で円覚寺舎利殿の故郷 (石碑を読む)

今回は太平寺跡の石碑を読んでみることにしました。 以前「西御門」の石碑を読んだと…
www.1192-diary.com

1321年|元亨元年|弁谷

辨谷|千葉常胤ゆかりの地?静かな材木座地区の知られざる過去(石碑を読む)

今回は材木座にある谷戸の一つ、住民じゃないと知らないんじゃないかと思う場所にある…
www.1192-diary.com

1332年|元弘二年|俊基朝臣墓所

日野俊基の墓|葛原岡神社のご祭神、朝廷の復権に命を懸けた公家(石碑を読む)

今回は葛原岡神社にある「日野俊基朝臣」の墓についての石碑を読んでみました。この神…
www.1192-diary.com

1333年|元弘三年|洲崎古戦場

洲崎古戦場|最後の鎌倉幕府16代執権「赤橋守時」最期の地(石碑を読む)

今回は、湘南モノレール沿い(湘南深沢~湘南町屋間)にある、洲崎古戦場の石碑を読ん…
www.1192-diary.com

1333年|元弘三年|十一人塚

十一人塚|1333年壮絶な極楽寺坂の戦い、討幕軍の英魂が眠る場所(石碑を読む)

今回は稲村ケ崎からほど近い場所にある「十一人塚」の石碑を読んでみました。鎌倉幕府…
www.1192-diary.com

1333年|元弘三年|極楽寺坂

関取場跡&極楽寺坂|鎌倉市内に点在する旧蹟案内石碑を読んでみた2

今回も鎌倉市内に点在する石碑を読んでみようと思います。前回は、大正時代に建てられ…
www.1192-diary.com

1333年|元弘三年|稲村崎

稲村ケ崎|富士山と江ノ島のコラボ、鎌倉随一のデートスポットは超重要史跡(石碑を読む)

今回は稲村ケ崎にある石碑を読んでみました。稲村ガ崎からは、七里ヶ浜と江ノ島と富士…
www.1192-diary.com

1333年|元弘三年|東勝寺旧蹟

東勝寺|宝戒寺境内の奥、鎌倉幕府終焉の地で心霊スポット(石碑を読む)

今回は、北条高時腹切りやぐらの入口に立っている東勝寺旧蹟の石碑を読んでみました。…
www.1192-diary.com

室町時代

1335年|建武二年|理智光寺址

理智光寺址|鎌倉宮の近く、護良親王と繋がりがある廃寺跡(石碑を読む)

今回は、今は廃寺となっている「理智光寺址」の石碑を読んでみました。廃寺となった鎌…
www.1192-diary.com

1336年|建武三年|足利公方邸旧蹟

※室町幕府成立と同時に鎌倉府が設置されたと思われるため

足利公方邸|鎌倉時代の重要な鎌倉街道(下道)沿いにあった鎌倉公方・足利一族の館跡

足利公方邸|鎌倉時代の重要な鎌倉街道(下道)沿いにあった鎌倉公方・足利一族の館跡

今回は金沢街道沿いにある「足利公方邸」の石碑を読んでみました。鎌倉幕府創立のとき…
www.1192-diary.com

1351年|観応ニ年|扇谷上杉管領屋敷迹

※扇ガ谷上杉家の祖「上杉顕定」の生誕年を適用しています。

扇谷上杉管領屋敷|太田道灌を擁する関東管領家、宗家の山内上杉家と両輪を成す (石碑を読む)

今回は扇谷上杉家屋敷に関する石碑を読んでみました。上杉家は4つに分家しますけど、…
www.1192-diary.com

1416年|応永二三年|上杉朝宗及氏憲邸阯

犬懸上杉家|永享の乱に繋がる鎌倉公方との対立、上杉禅秀の乱ゆかりの地(石碑を読む)

今回は浄明寺に建っている「犬懸上杉家」に関する石碑を読んでみました。室町時代の鎌…
www.1192-diary.com

1432年|永享四年|太田道灌邸旧跡

太田道灌邸旧跡|英勝寺の地に住んでいた扇谷上杉家の家宰(石碑を読む)

今回は英勝寺の前に建てられている「太田道灌邸旧跡」の石碑を読んでみることにしまし…
www.1192-diary.com

戦国時代

1512年|永正九年|玉縄城址

玉縄城址|戦国武将の先駆け「北条早雲」が築いた難攻不落の城(石碑を読む)

今回は鎌倉市大船側にある玉縄城址の石碑を読んでみました。何回も歩いたり走ったりし…
www.1192-diary.com

1548年|天文十七年|関取場跡

関取場跡&極楽寺坂|鎌倉市内に点在する旧蹟案内石碑を読んでみた2

今回も鎌倉市内に点在する石碑を読んでみようと思います。前回は、大正時代に建てられ…
www.1192-diary.com

時代不明

柳原(鶴岡八幡宮)

柳原|鎌倉幕府執権「北条泰時」が歌にした、鶴岡八幡宮境内にある柳の名所(石碑を読む)

今回は、鶴岡八幡宮の柳原神池のほとりにある「柳池」の石碑を読んでみることにしまし…
www.1192-diary.com

針磨橋

針磨橋|今後の主流?石碑から案内板へ変わった旧跡案内(石碑を読む)

今回は江ノ電極楽寺駅から海へ向かって進んだ場所にある「針磨橋」の石碑を読んでみま…
www.1192-diary.com

仮粧坂

仮粧坂|数々の戦場の舞台で鎌倉七口最大の要衝(石碑を読む)

仮粧坂 今回は国指定史跡「化粧坂」の入口にひっそり建っている石碑を見つけたので読…
www.1192-diary.com

星月井

星月井|鎌倉の極楽寺坂下にある徳川家康もご覧になった有名な井戸(石碑を読む)

今回は極楽寺坂(鎌倉市坂ノ下/鎌倉市極楽寺)にある「星月井」の石碑を読んでみまし…
www.1192-diary.com

夷堂橋

夷堂橋|鎌倉市内を流れる二級河川「滑川」の別名を理解する(石碑を読む)

今回は、本覚寺のそばにある夷堂橋の石碑を読んでみました。夷堂橋とか本覚寺の夷堂に…
www.1192-diary.com

町屋址

町屋址|中世鎌倉の中心街、鎌倉屈指の繁栄地とされた場所(石碑を読む)

今回は鎌倉市大町にある「町屋址」の石碑を読んでみました。石碑の左上が欠けちゃって…
www.1192-diary.com

飢渇畠

飢渇畠|由比ガ浜大通りの六地蔵、鎌倉の刑場があった場所(石碑を読む)

今回は六地蔵にある、いつもより小さな石碑「飢渇畠」の石碑を読んでみました。飢渇畠…
www.1192-diary.com

松谷寺及佐介文庫

松谷寺及佐介文庫|何も分からない鎌倉の歴史遺産(石碑を読む)

今回は佐助に設置してある「松谷寺及び佐介文庫」の石碑を読んでみました。でも、小さ…
www.1192-diary.com

塔ノ辻

塔之辻|道路の積石には、幼子を鷲にさらわれた由比の長者の悲しい物語が(石碑を読む)

塔之辻 今回は鎌倉市笹目町にある石碑を読んでみました。 「塔之辻」石碑の場所 塔…
www.1192-diary.com

鎌倉の歴史把握に役立った書籍

おススメ鎌倉グッズ・お土産

PAGE TOP